last update : 2014/01/13

PRODUCTS

METEOR

ストーリー紹介

 諏訪北高校二年生の「星影みぎは」は、おかしな頭痛に悩まされていた。

 頭痛の原因はよく分からない。
 思い当たることといえば、容姿が女っぽいと馬鹿にされることくらいだ。
 でも、そんなクダラナイ事が頭痛の原因だなんて、認めたくなかった。

 頭痛に悩まされ、数日が経ったが、頭痛は治まるどころか、その頻度を増していた。
 そんなある日、みぎはは気付いた。
 その頭痛が起こった後、決まって"運の良いこと"が起こってることに。

 運の良いこと――――
 例えば、自販機で飲み物を買おうとすると、地面に小銭が落ちてるのを見つけたり。
 例えば、行方不明者を捜そうとすると、行方不明者が急に出てきたり。
 例えば、当たると思った銃弾が当たらなかったり。
 そんな、良くある事から奇跡みたいな事が起こるのだ。

 みぎはは確信した。
 この頭痛は幸運をもたらす頭痛で、自分は人一倍、運がいい人間になったのだと。

 十二月半ばの日曜日。
 学校での友人との約束を済ませ、ただダラダラと散歩をしはじめた。
 そして、時は刻々と過ぎていき、陽は落ち、夜を迎えようとしていた。

 帰路の途中の百年公園。
 百年公園を通り抜ける途中、威勢のいい女性の声が聞こえた。
 声のほうを見ると、黒服を着たロングヘアーの女が佇んでいた。
 何をしているのかと、眉間にしわを寄せ、疑問に思うみぎは。
 目を凝らすと、女とは別にこの世のものとは思えない滑稽な姿をした生物がそこにいた。

 みぎはは困惑する。
 その生物は人のような姿でもあり、ただ単に化物と呼べるに相応しい姿をしていたのだ。
 ――――女が危ない。
 咄嗟にみぎはの思考は切り替わる。
 女を助けないといけない。
 しかし、みぎはの足は動かなかった。
 動物的本能で、その生物が危険な存在だと認識してしまってるからだ。

 みぎはは助けようか助けまいか迷っていた。
 そんな事を考えてると、生物は、腕を輪切り状態にし、体の周りで弧を描いてみせた。
 まるでジャグリングをしているかのようだった。
 みぎははつい、思考を停止し、見惚れてしまう。
 見惚れていると、急に身体に電気が走り、寒気がしてきた。
 身体を見ると、なんと右腕と左脚が切断されてしまっていたのだ。

 みぎははワケもわからず崩れ落ちる。
 死ぬ――――?
 死を感じたその時、一喝が入る。
「アンタ、何やってんの!? 
 ボーっとして突っ立って、馬鹿じゃないの!? 死にたいの!?」
 声の持ち主はさっきの黒服の女だった。
 その女を見るのと同時に、あの"幸運をもたらす"頭痛が起こる。

 今頃きたって遅いって――――
 そう呟くと、だんだんとみぎはの意識は遠のいていった。

登場人物紹介

霧島ヤマト
Yamato Kirishima
 世界の平和を守る組織「ペンタグラム」のメンバー。
 主人公を組織のメンバーに入れようと色々と画策している。
 名前通り、男勝りな性格。
 かなりの負けず嫌いで、諦めるという事はしない。
 ルックスは良く、普通にしていればいいのだが、男勝りな性 格のため、何かと敬遠されがち。
 目的を達成するための努力は惜しまず、常に先を考えて行  動しているので、彼女に助けられる人も少なくはない。

双美瑠奈
Luna Futami
 主人公の幼馴染で、面倒見のいい女の子。
 周りからの信頼は厚く、学校では学級委員長を務めている。
 小・中・高と、かれこれ七年ほど委員長を務めてるので、あ  だ名は「委員長」。
 委員長を務めるようになり、主人公から本名で呼ばれること が少なくなってしまった。
 頭脳明晰、運動神経抜群の文武両刀。
 学年で一、二位を争うほどの実力を持つ。

秋月あさぎ
Asagi Akizuki
 主人公の幼馴染で、主人公の父「宗助」から武術の鍛錬を  受けている。
 剣術の腕前は中々のもの。右に出るものはそうそういない。
 生真面目かつ冷静で、曲がったことが苦手な性格。
 頑固者でもあるが、融通が利かないということはない。
 幼い頃から「宗助」を尊敬しており、宗助のもとで暮らしてい る主人公を何故か好敵手として認めている。
 趣味は日本刀や刃物の蒐集。

ゲーム概要

■概要■
ジャンル:伝奇SFビジュアルノベルRPG
発売日:2014年発売予定
価格:未定
メディア:CD-ROM1枚
対象年齢:12歳以上
原作:山本カテル
制作:SHADOW DREAM


■動作環境■
OS:WindowsXP/Vista/7 対応
CPU:1GHz以上推奨
メモリ:256MB以上推奨
ハードディスク:700MB以上必須
画面:640x480 (縮小表示可能)
光学ドライブ:CD-ROMに対応したドライブ
DirectX:9.0c以上(必須OSには組み込み済み)


ページのトップへ戻る